platinum.bmp


system&price2.bmp


mesa-jyu.bmp

2009年02月27日


Contadi Castaldiのご紹介

2009年3月21日 福岡・天神のSJORA(シェーラ)で行われるイベント

Sparkling Night at SJORA

そのイベントのメインドリンクはスパークリングワインです。
大人のパーティーに出会いとサウンドと極上の刺激を与えてくれる
コンタディ・カスタルディを今日はご紹介します。


ベッラヴィスタのオーナーが造るカジュアルなフランチャコルタ

「イタリアのシャンパーニュ」といわれ、高品質スパークリングワイン産地としてる名声を確立したフランチャコルタ。近年では「フランチャコルタの奇跡」と呼ばれるほどこのワイン産地は注目されています。そのフランチャコルタから、新しいブランド、コンタディ・カスタルディが登場しました。あのベッラヴィスタのオーナーが1991年にはじめたワイナリーで、ベッラヴィスタよりカジュアルで気軽に飲めるフランチャコルタを目指し、産地としてのフランチャコルタの知名度を高めるために設立されました。

普通のワイングラスで風味を堪能してみてください!

輝くレモンイエローに少しライムの感じもある、数あるフランチャコルタの中でも一際泡の細かいタイプのワイン。スムースな口当たりはムースのようで、軽やかでしっかりとした香りは、ワインに感じる酸味と果実味を想像させ、グラスの底から立ち昇る一筋の泡は、まさに真珠そのもの!!すべてが絶え間なく体中を駆け巡るので、一度口にしたら最後まで飲み干さずにはいられなくなるほど。 きちんと冷やして飲むよりも、若干高めの温度で飲んだほうがワインの持つ香りや甘み、そして柔らかい酸味までも、すべてのボリュームが一周りも二周りも大きくなります。 また、立ち昇る泡は見られなくなりますが、一般的なワイングラスで飲むと、その特徴と一緒に口の中で感じる味わいも断然変わってきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。